432Hzコダーイ風コーラス

松澤トレーナーによる身体の機能的な使い方やメンテナンスを学びながら、身体にやさしく響く432Hz を基音に調律したピアノと無理のないコダーイ風の発声で歌うコーラス。心身の変化が大きいマタニティの方にもおすすめします。

「生徒たちにとって、音楽を学ぶことや歌うことが拷問でなく、喜びとなるように学校で教えなさい。
生徒一人ひとりに、生涯にわたって優れた音楽を切望する心を植え付けなさい。」
ハンガリーの作曲家、コダーイ・ゾルターンの言葉です。

そして、コダーイの教育の要素を一言で表現しようとするならば、それはまさに「歌う」という言葉しかないだろうとも。

彼は音楽で人間形成、教育を行った人物です。
この教育システムは赤ちゃんがおなかにいることがわかる妊娠三か月の頃から、お母さんが母国語で自分の声で歌ってあげなさい、というところから始まります。
縁音織庵でのコーラスは、通常のピッチよりも半音の約半分低い432Hz を基音に調律したピアノで歌います。
このピッチは、身体にとても気持ちよく響くピッチと言われ、無理せずに声を出すことができ、リラックスした状態を生み出します。

また、松澤亜希子トレーナーによる機能的な体の使い方やメンテナンス方法などを取り入れることで、身体の状況がよくなり、声もよく出る。自然と声が出るようになるから歌うことがさらに楽しくなる!
どんどん良い循環が生まれます。

日本古来から伝わる歌、童謡や唱歌を始めとし日本語を大切にする歌を歌います。
そして、歌から学ぶ時代背景や心情、風景・・・。
どの世代の心に響く歌を歌います。

大きな窓ガラスから木々や川の流れを眺めながら、時には鳥のさえずりと共演。
地球に生きている喜びを身体の奥底から感じることのできる他とは違うコーラスです。

シニアの皆さま
お子様
マタニティの方 
妊活中の方など

他の団体に所属しながらの方も大歓迎です。
参加体験もできます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Visits since 2020

2020年1月20日

Copyright© 音×恩おくりプロジェクト , 2021 All Rights Reserved.