Music for peace シリーズ

 

432Hz.ピリオドピッチ第九

ベートーヴェン晩年のウィーンでは433Hzの音叉が発見されていてそれが標準のピッチだったという。ベートーヴェンの時代に演奏されていた第九の響きが宇宙の周波数432Hzによって現代に蘇る。

 

ガイアの饗宴

地球を一つの生命体としてとらえるガイア理論。人間も母なるガイアの一部として、戦争や環境問題を皆で考えまよう。アメリカ兵が戦地で弾いていたスタインウェイピアノを使い、当時の音を皆で共有し想いを繋いでいくコンサート。

 

The Roots

辿ってみれば、みんなひとつかもしれない。そんな思いからアーティストたちが原点を語るコンサートを企画しました。アーティストたちの原点と人生の物語に奏でられる音楽は興味深く、また参加者の人生と共鳴していきます。性別も国籍も宗教も政党も障害も全てを超えて原点に戻るコンサートです。

 

二度と聴けない音楽会

どうしたら、喜んでもらえるだろう?いつもは、サポートを受ける側。たまには、逆だっていいじゃないか!と朝活メンバーと企画した障害のある方々が主役のコンサート。どうしたらできるか?考えたけど、逆に、たくさん大切なことを気づかせてもらった音楽会。

 

私たちの国際交流コンサートin東松山2017

プロジェクトの序章となったコンサート。子供達や学生と町の皆さんと一緒に一丸となって、ノースダコタ大学の留学生を3日間に渡っておもてなしをしました。世界平和はお互いに知り合うことから。コーラスやプロアマ混合弦楽合奏。一緒の絆になりました。

 

Music for peaceコンサート

プロジェクト本格始動に際し、ヨーロッパで活躍しているジストニアを患う瀬川泰代が、駆けつけてくれ、スタートに相応しい丸木美術館と巌殿観音正法寺にて、タカキクラヴィアから、原爆を落とした当時のNYスタインウェイを運んでもらい今この平和を奏でました。

Visits since 2020

2020年1月19日

Copyright© 音×恩おくりプロジェクト , 2021 All Rights Reserved.