The Roots〜辿ってみれば私たちははひとつなのかもしれない〜

楽器の原点と言われる打楽器
打楽器の原点と言われるボディパーカッション
私たち人間も辿っていったら一つなのかもしれない

人は自分と違うことを悪と思いがちだけど…そうじゃないよね?
 ある人が教えてくれた。
”共通点を探すより違う点が多い方が面白い””違いの多い人同士が組んだ方が色々できる”
認め合い支え合えたら争いは無くなるかも 音楽ならそれができるかもしれない。

このTHE ROOTSというコンサートは、
1回目の丸木美術館でコンサートをしたその時、たまたま朝鮮学校の生徒さんの作品に出会いました。
アートと言う表現を使い彼らが訴えていたもの…心を震わされたアート。それがきっかけでした。
普段、ピアノ教室をやらせていただいている障害者支援をされているお店でピアノを弾き始めるとスタッフの皆が、集まってきて歌い始めます。
みんなで何かできないかな?みんなをみんなに知って欲しい。
障害や国籍の違いやいじめや差別ってなんだろう?なぜ戦争はなくならないのだろう…
どうしたらもっと子供たちが未来に希望が持てる世の中になるだろう?日々そんなことを話し合っています。
でも、なかなか簡単にできるような答は見つかりません。
だけど、もしかしたら音楽の力を借りてみんなで一つになってみたら?何か変わるかもしれない。

お金はないけど想いだけは熱く持っている私たち
今回は、そんな私たちに賛同してくださった世界のマリンバ奏者浜まゆみさんが海外公演の合間を縫って協力してくださることになりました。

音楽やアートだけは自由に感じていいもので自由に表現できるもの。それをみんなでやってみよう!
思い切ってみんなでチャレンジしてみよう!時間もお金もないけれど真剣にできる方法考えてエネルギー注ぎ込もう!
できないならできる方法見つけてやってみよう!

『以前に、教室でボディパーカッションやったの。それなら一つになれる』

そのチャレンジがこのコンサートでのこのパートです。できないと思うことができたら自信になる!力になる!
だから一人でも多くの方に参加して欲しいと思います。一緒にステージ作りませんか??
観客の皆さんが総立ち拍手!涙、涙、拍手喝采!鳴り止まない拍手!みんなで協力し合いそれを体験しませんか?
その時、観客の皆さんも参加した私たちの人生もきっと変わっていく世界が変わり始める第一歩!
そんな想いからスタートしたのでした。

出演アーティストは、世界第2の実績を持つマリンバの浜まゆみさん。
世界中で演奏活動をしてきた浜さんのパフォーマンスはさることながらこの日のプログラムに私たちは、こだわりました。

浜さんにもKUNIKOにも原点に戻ってもらう。
それは時に、辛いこともあります。(添付のプログラムを参照して下さい)

でも人は、原点に戻ることで忘れていた忘れてはいけないものを見つけられたりするのです。
そんな組み立てをし、観客の方にも自分自身の原点に戻ってもらう。
もっともっと深いところに、戻っていくと私たちは、ひとつだったのではないか?という思いになれるというコンサート。

そして、このコンサートはアートと初めてコラボしたコンサートでした。

町の子どもたちのアート
町のアマチュア作家さんやプロのエコネコさん
町のアマチュアカメラマンやプロのカメラマン
東京からもアートを提供してくださったプロのアーティストのやざきちえさん

会場に入るフロアには、たくさんのアートが展示されました。
前日の夜、たくさんの方々が仕事帰りに会場設営に駆けつけてくれました。
差し入れをしてくださった方もいました。
当日、来られないか方々には、リハーサルを見てもらうことにしました。
お金がなかったので、当日の夜、少しだけの時間でみなさんの力を借りて一気に準備をしました。

当日は、東京や神奈川から音×恩おくりプロジェクトのボランティアクルーが駆けつけてくださり町の子供たちとママさんとフロントを作ります。

障害のあるメンバーもそれぞれみんな集合しました。この日のステージのフィイナーレはみんなで飾る!
お手伝いだけでない緊張感。

みんなが作り出したアートを見ながらお客さんは、ホールに入ります。
障害のあるない関係ない、プロもアマも子供も大人も国籍も関係ない見る人に訴えかけるアートの数々を見ながらホールに入ります。

そんな原点回帰のコンサート。
シリーズ化して、また開催しますね。

私たちがコンサートをする理由

それは,ここから「ありがとう」の光が完結することなく 次の人へ次の人へまた次の人へとリレーされていったら
この世の中は本当に素晴らしい世の中になると思うから。
だから私たちは私たちのこれまでのたくさんの「ありがとう」を言葉を超えた音に乗せて発信する。

だから
あなたも、もし!
今日、ここに来てよかった。
感動した。 楽しかった。 嬉しかった。 衝撃を受けたけど大切なことを知った。 とても癒された。
そんな気持ちになたら、その「ありがとう」その場やその相手の方だけでなく会場を一歩出た後に、ここに来られなかった誰かどなたかにリレーしてください。

そうしたらこの地球はもっともっと素敵になる。
今日またここが新たなありがとうリレーの原点になりますように…
「調和のためのコンサート」それが、私たちの音×恩おくりコンサートです。

チケット・フライヤー・プログラム


PDF
【TheRoots】プログラム2018_33 E0203
【TheRoots】フライヤー2018_33
【TheRoots】チケット2018_33

コンサートの様子

このコンサートをやるきかっけと勇気を与えてくれた

神奈川県朝鮮中高級学級のみんな

彼らが差別やルーツということを受け止めながら

苦しもがいている様子をアートとして訴えてくれたことが

きかっけでした。卒業式前日で参加してもらえなかったけど

いつかまた一緒にやろうね!

 

 

 

 

 

The Roots第一回目は2017年3月に開催しました。

 

Visits since 2020

2020年1月19日

Copyright© 音×恩おくりプロジェクト , 2021 All Rights Reserved.