QOL究極のメンテナンスデーコンサート

音楽が持つもう一つの力を利用し、
90分で現代人の疲れを完全に取り去る究極のコンサート

寝ても寝た気がしない。疲れが抜けない。そんな忙しく、気ぜわしい現代人は、交感神経が常に優位な状態にあり、ただ音楽を聴いただけでは本当にリフレッシュなどできない。

そもそもあなたは、自分の身体に骨が何本あるのか?ご存知だろうか?
自律神経失調症なんて聴くけれど、自律神経ってなんだか言える??
このコンサートでは、まずメンタルフィジカルトレーナーが身体の基本構造についてなぜバランスを整えることが重要かを説明し、簡単にできるセルフメンテナンスをみんなで行う。
ちょっとした簡単なエクササイズなのに、理屈も理解している上で正しく行うと一気に汗が吹き出したりしてくる。
今まで痛くて上がらなかった腕が簡単に上がる!
立ち上がるときの膝の激痛がない!
重苦しかった腰痛が消えた??
まるでマジックみいたに不調が消え、そしてあなたは、なぜそんなことが起きていたのかを理解する。
疲れていた交感神経が優位に入りっぱなしだった身体に正しく負荷を与えると反動で、副交感神経に入れてあげることができる。

そのタイミングで、ピアニストKUNIKOの演奏を寝っ転がりながら聴く。
天井を眺めながら、床から振動として伝わってくる音楽を全身で味わう。
たった数十秒で多くの人は、いびきをかいて寝てしまう。
たった数分後、目がさめるとスッキリ!
この身体の状態は、何年ぶりだろう!まるでキツネにつままれたみたいに体に活力が漲る。

不思議だけど、超科学的に組み立てられたメンタルフィジカルトレーナーとピアニストがつくったがんばる大人に向けたアウトリーチコンサート

このコンサートは、なぜ生まれたのか???

ある年の年末、12月30日の日。
私は、某大手会社の会長さんの奥さんのパーソナルトレーニングのためにそのお宅にお邪魔し、トレーニング指導をしていました。

すると会長がリビングに来られて、もう年末なのに、まだ海外の取引先(下請け)から連絡がこなくて困る。
と言いながら、少しイライラしたご様子でハンズフリーの状態で取引先に電話をかけました。

「 例の返事はどうなっているんだ? 」 会長が聴くと
「 ○○さん!ホリデーに何を言っているんですか?
私は今、家族とすごいてるんです!返事は年明けでも十分でしょう?
あなたは、何のために仕事をしているんですか? 」
といった内容の返事が返ってきて電話が切られた。

そんな声が響き渡ったものですから、こちらは唖然でしたが、会長はため息をつきながら、「向こうの文化だからしょうがない…。」と一瞬途方に暮れた様子をみせた後、
笑いながら
「 まつざわさんも、今年も一年ありがとうね。 」と言ってくれた。

日本人は、何のためにそんなに必死に働いているのだろうか?
家族を犠牲にしたり
身体を壊してまで働いていないだろうか?
疲れきって、家庭に戻り大切な家族との時間を過ごせない状態になっていないだろうか?

あなたの心に余裕はありますか?
仕事は、楽しめていますか?
奥さんとの会話や子供たちとの会話は楽しめていますか?
仕事に追われていませんか?仕事を追えていますか?
子供達は、働く大人をみてどのように思っているのでしょうか?
いつも、がんばっている自分の身体へ意識を向けて自分を大切にする時間のコンサート
そんなことがきっかけで
QOL(クォリティオブライフ)究極のメンテナンスデーが出来上がりました。

このコンサートの開催実績

市町村の行事
高齢者福祉施設
デイサービス
企業イベント
ピアノ教室の先生主催のイベント
コーラス教室の先生主催のイベント
ピアノ販売店でのイベント
個人宅でのママさんの集い
などで開催
※縁音織庵スタジオでは、リフレッシュコンサートして40分間のミニバージョンを開催しています。

セルフメンテナンスを行った後、クラッシックを寝ながら聴くことで自律神経にアプローチし、科学的にメンテナンスを行うことができ、多くの方に喜ばれ継続的に開催されることが多いコンサートです。

これまで開催したフライヤーもご覧ください

【究極のメンテナンスデー】2018_330
【リフレッシュチャリティコンサート】
【黒山いきいき健康講座】2018vol.1 
【究極のメンテナンスデーママ向け】2018  
【究極のメンテナンスデー】輸入ピアノ.com
【黒山いきいき健康講座】2018vol.2

当イベントの様子

お問い合わせ・お申し込みはこちら

Visits since 2020

2020年1月20日

Copyright© 音×恩おくりプロジェクト , 2021 All Rights Reserved.